2017年10月06日

鉛筆画のリリー

 私が勤務している学校の美術部員は生き物が大好きで、特に猫の話題になると大いに盛り上がります。
 9月半ば、生徒たちの要望に応えて我が家のリリーの写真を見せたところ、数日後2年生が作品にしてきてくれました。とてもよく描けているので持ち帰って家族にも紹介しました。もちろん皆大喜びでした。

柏の秋1711034.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 21:59| リリー

2017年10月03日

「ペットショップにいくまえに」展2017

先週末、西荻窪の「ギャラリーURESICA」さんにおじゃましました。ギャラリーには、ペイアコさんをはじめとする15名の作家さんたちの力作が並んでいました。
 2階へと続く階段は狭くて急なので注意しながら上りました。それは、何となく昔味わったことがあるような感覚でした。
 URESICAさんには雑貨や手作り小物の他、世界中からやってきたであろう美しい絵本が並んでいました。これほど多くの方々が小さな生き物に思いを寄せ、豊かな表現をしていることに心打たれました。
 ギャラリーを訪ねる前に、地元に住む友人のお薦めの店「りげんどう」でランチを楽しみました。
 西荻窪に残る古民家を改築したというその佇まいは、昭和の香り漂う懐かしい空間でした。

柏の秋1710031b.jpg

柏の秋1710032b.jpg

2017.9.30b.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 00:07| 日記

2017年08月26日

ガラス絵教室

 先週、初めてのガラス絵教室を行いました。参加してくれたのは、同じ町内に住むペイアコさんです。
 アクリル絵の具でガラスに描くことに慣れるため、まず線の練習をしました。お二人とも初めてとは思えぬほどすらすらと筆を運び、とても楽しそうに描いていました。 
 本番では、下絵をガラスの下に置き、裏文字になるようにサインを入れてから描いていきます。アクリル絵の具は乾きが早く扱いやすいのですが、色を重ねる時には下の色が動かぬようそっと彩色しなければなりません。
 そんなガラス絵特有の技法をマスターし、ペイアコさんは素敵な作品を仕上げてくれました。

柏の夏1708262.jpg

柏の夏1708241.jpg

柏の夏1708242.jpg

柏の夏1708263.jpg

柏の夏1708264.jpg

おまけ りりーと花束
柏の夏1708243.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:36| 日記

2017年08月13日

津南からの贈り物

 午後、津南町からトウモロコシが届きました。
 早速リリーは葉っぱの感触を確かめ、私は絵筆を握りました。
 その間に夫は函館の友人から習った茹で方でせっせと調理してくれました。

柏の夏1708112.jpg

柏の夏1708113.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:10| 日記

2017年08月10日

柏の夏2017・花の競演

ドライフラワーのアレンジメントを始めた妹から新作の写真がとどきました。
何でも、天気(湿度の変化)によって蕾になったり開いたりする新しいタイプの花だそうです。
ラツコヴィッチ作品とのコラボも素敵です。

image1s.jpg

image2s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:08| ラツコヴィッチ作品

2017年08月09日

我が家の庭・収穫⑵

 この夏、夫の希望もあって「緑のカーテン」に挑戦しました。
 すくすく育つ苗と可憐な黄色の花とそこにやってくるモンシロチョウに癒されながら、収穫を夢見た2か月間でした。
 でも、津南町の農協の窓を覆っていたゴーヤには程遠く、実ったのは数個。
 一つは息子に、もう一つは叔母に届けた後、我が家ではささやかなチャンプルとサラダになりました。
 すぐに食べてしまうのは惜しいほど可愛らしかったので、例によって写真に収めたりスケッチしたりしました。

1柏の夏170809.jpg

柏の夏1708087.jpg

IMG_0328s.jpg

IMG_0342s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:38| 日記

2017年08月06日

柏の夏2017・季節外れのアジサイ

 ご近所の方からピンクのアジサイを頂きました。小瓶に生けて飾ると、いつものようにリリーが鼻を近づけてきました。
 今日は、香りではなく小瓶の中の水が気になっているようでした。
 アジサイのグラデーションは美しく、これまで何度も挑戦しましたがやはり難しかったです。

IMG_0411s.jpg

IMG_0432s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 21:54| リリー

我が家の庭・収穫

 小さな庭で、今年も野菜の苗を植えました。色々試した中で、シシトウ、ミニトマト、中玉トマト、ゴーヤが上手く育ち私達夫婦を癒してくれています。
 特に気に入っているのはミニトマトです。今まで見たことのない品種で、その姿はビー玉のように見えます。早速アクリル絵の具でスケッチしました。

1170805収穫.jpg

IMG_0410s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:02| 日記

2017年08月05日

リリーの夏2017 2

 リリーの体重が遂に5キロを超えてしまいました。次の検診までに200グラム減量すべく、現在ダイエット中です。
 この夏、久しぶりにリリーをモデルにクロッキーを始めました。
 昼寝中のアングルが一番描きやすいのですが、最近のリリーは1分もしないうちに寝返りを打つのでかなり手ごわいです。でも、そのことでかえって制作意欲が湧くのは、私が絵筆を握る者の一人ということかもしれません。

IMG_0407s.jpg

IMG_0406s.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 21:40| リリー

2017年08月04日

長岡大花火

 一昨日・昨日の2日間テレビで放映された長岡・大花火大会に魅了されました。
 新潟県長岡市はクロアチアから帰国して最初に住んだ都市です。夫の故郷でもあるこの地で、私は教員に復帰し多くの子供たちに出会いました。
 戦争で途絶えてしまっていたこの花火大会が、1945年8月1日の長岡大空襲の犠牲者を追悼するためと平和への祈りを込めて復活したことを知り、毎年特別な思いで夜空に舞う花火に見入ったものです。
 長岡に住み始めて3年目の夏、第1回目のラツコヴィッチ展を開催しました。会場になった東北電力のラプラスには、市内はもちろん新潟市やその周辺からもお客さんが詰めかけ大盛況でした。
 その後、函館、十日町、荻窪、御茶ノ水、大使館展を経て現在に至っていることを思うと感慨深いものがあります。

IMG_0454s.jpg
クロアチア大使に同行して下さった文化担当官と(展覧会場で)

以下はテレビ中継の様子をカメラに収めたものです。
1708034.jpg

1708033.jpg

1708032.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:15| 日記