2015年02月11日

ラツコヴィッチと猫

 晩年アトリエを訪ねた折、偶然2匹の猫のスケッチを見つけました。それはガラス
絵の下書きで作品に描かれたのは小さい方の猫でした。可愛いというより、個性的で
何やら自己主張しているような表情は見ていて飽きません。
 さて、我が家の猫リリーは大きな瞳がチャームポイントですが、居眠りをしている
時は人相が変わり「逸ノ城猫」と呼ばれています。

IMG_2788s.jpg

IMG_2790s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 19:52| ラツコヴィッチ作品