2016年07月30日

第2回新宿ベルク展(9月1日〜9月30日)に寄せて

 今回のテーマは「黄道12星座」で、「MAPA(画集・カタログ)ZODIJAK」をもとにして企画したものです。
 このカタログの表紙から、1976年7月27日〜8月7日までフヴァール島のギャラリーで「星座シリーズ」の個展が開かれたことが分かります。
 後に出版されたいくつかのデッサン集でも紹介されているのですが、印刷が鮮明で保存状態の良い1冊のカタログを目にした時、私はその作品群にくぎ付けになりました。
 ザグレブのラツコヴィッチ氏のアトリエで偶然見つけたそのカタログには、「1977年ザグレブ」の文字がありました。
 「この画集、頂いてもいいですか。」と私が言うと、いつものように 「もちろん。」とラツコヴィッチ氏。さらに続けて、「若い時の仕事だよ。」と、照れくさそうに肩をすぼめた姿を思い出します。

IMG_3918s.jpg

クロアチアのナイーブアート
イワン・ラツコビッチの世界 
〜ZODIJAK 黄道十二星座〜
2016年9月1日(木)〜30日(金)7:00-23:00

新宿ベルク (地図)
http://lackovic-art-japan.info/

laz2016a.jpg

laz2016b.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:50| ラツコヴィッチ作品

2016年07月28日

サマーチェリーはリリーのお気に入り

 6月にミヤサカファームから届いたサマーチェリーが、きれいなドライフラワーになりました。リリーはこの花が最初から気に入っていて、香りを楽しんだり口に含んだり、時には飛びついたりしていました。
 ピンクのグラデーションが美しく、私も癒されています。

IMG_3905s.jpg

IMG_3904s.jpg

ミヤサカファーム

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:46| リリー

久しぶりの荻窪散歩

 荻窪は、ラツコヴィッチ・アート・ジャパンと深いかかわりのある街です。
 ラツコヴィッチ展の候補地として、友人と共にこの地を訪れたのは2001年の秋のことでした。庶民的でおしゃれな街並みは私の心を惹きつけました。
 翌年の春に東京での初めての展覧会が実現し、10日間の展示期間中にはたくさんの来場者をお迎えすることができました。
 先週末、久しぶりに荻窪駅周辺を歩いてみました。理髪店・古本屋・カフェなどが並ぶ商店街はとても賑わっていて、懐かしい日本の原風景のようでした。

古本屋さんで見つけた2冊
IMG_3895s.jpg

無農薬野菜のお店で購入した水なすとご近所の畑で収穫された琉球かぼちゃ
IMG_3897s.jpg

IMG_3899s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:43| 日記