2016年10月06日

嬉しい贈り物

ベルクに、フラスティッチ大使をお迎えした日の午前中、絵本作家ペイアコさんから嬉しい贈り物が届きました。それは私の誕生日の花「芙蓉」です。庭で四季折々の植物を育てているペイアコさんは、絵本「わあーい、さいた」の中で虹色のリンドウを描いています。その傍らでススキやわれもこう、コスモスも美しくページを彩っていて、見る度に発見のある作品だなと思いました。
 芙蓉はとても繊細な花なので、しっかり水切りをして玄関の花入れに生けました。
香りに誘われてリリーもやってきてうっとりしていました。

ブログ用リリー.jpg

1005ブログ用リリー.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:03| リリー

ベルク展を振り返って

 30日にベルク展が終了しました。ラツコヴィッチの新たな世界「黄道12星座」について、ファンの皆さんからはたくさんのメッセージが寄せられました。
 「今までのイメージと違うけれど、こういう作品も魅力的ですね。」こんなうれしい声も届いています。
 また、28日には、フラステイッチ・クロアチア大使をお迎えすることができました。大使は壁面作品の星座の名を確かめながら興味深そうにご覧になっていました。
 「クロアチアにも、芸術作品を鑑賞しながら美味しい飲み物や料理を味わうレストランがあります。ベルクのようにたくさんの人から愛されているお店で展示ができるのは良いことですね。」と、仰っていました。

SN3V0001.jpg

SN3V0002.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 11:02| ラツコヴィッチ作品