2018年04月16日

年金生活を楽しむ

 4月からスタートした私の年金生活は、40年近い教員生活の後に手にしたご褒美と受け止め、自由を謳歌しゆったりと過ごしています。
 先週、書棚と机上整理をしてみたらクロアチア語・英語・国語辞典などがかなりの面積を占め、それを上回る量のレシピ本が並びました。
 私の1日は草取りと玄関掃除から始まり、リスニング・音読・書き取りと続きます。これらの苦手な課題の後やっとキッチンに立つことが出来ます。
 昨日は新学期になって2回目の日曜日。久しぶりにノルマから解放され好きなことだけを選んで過ごすことが出来ました。
 午前中は大豆と小豆を焚き、午後はイチゴジャム作りを楽しみました。でも、リリーの遊びの相手だけは手抜きができないので、リクエストがあれば庭に連れ出したり家の中で追いかけっこをしたりしています。

写真は授業のために集めている工作材料です。

20180416柏の春1.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:36| 日記