2018年08月18日

2018クロアチアの旅7/3・帰国の朝

 ホテルが手配してくれた大型タクシーに乗り込みザグレブ空港に到着。私のトランクは超過料金が必要だったものの、無事に出国の手続きを終え搭乗口に向かいました。
 免税店もまた、国際空港にふさわしくすっかり様変わりしていました。許可をもらえばワインも購入できるというのは嬉しいニュースでした。
 カフェに腰を下ろし、ザグレブ・クレムシュニテをほおばりながら旅の思い出に浸りました。

2018夏クロアチアの旅17pg.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:05| クロアチア便り

2018クロアチアの旅7/2・ザグレブのランチ

 旅の締めくくりのランチタイムに立ち寄ったのは、魚レストラン「Ribice I Tri Tockice」〈魚と三つの点)です。店内は色鮮やかなイラストが飾られていてポップな雰囲気です。
 お馴染みのイワシのグリルやりジョットなどメニューが豊富で、値段が手ごろなので気軽に立ち寄れる店です。
 この日は、コクのある魚スープ、ブザーラ、スズキのグリルなどアドリア海の「海の幸」を満喫しました。
 サッカー選手・三浦カズさんがクロアチア・ザグレブに所属した頃に絶賛していたスープをはじめ、この国の食事は本当に美味しいと改めて実感しました。

レストランの店内
2018夏クロアチアの旅53g.jpg

かわいいイラスト
2018夏クロアチアの旅54g.jpg

ブザーラ
2018夏クロアチアの旅55g.jpg

サッカーワールドカップ中、半額セールをしていたスリシュコホテルのピザ
2018夏クロアチアの旅ぶろぐ08134.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 11:49| クロアチア便り

2018クロアチアの旅7/2・NAMA(ナーマ)で買い物

 NAMAはNarodna Magazinの頭文字をとったもので、直訳すると「人民デパート」となりますが、紙袋には「ザグレブの老舗デパート」と記されていました。
 かつては市内に3か所以上はあったのですが、今はイエラチッチ広場に隣接した店舗が営業するのみ。衣料品、台所用品、家具など生活必需品が全てそろうNAMAでの買い物は、旅の楽しみの一つとなりました。
 売り場の配置や建物の外観が1980年当時と変わらないのは嬉しいことです。

2018夏クロアチアの旅ブログ08183.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:42| クロアチア便り

2018クロアチアの旅7/1 コプリヴニッツア

 コプリヴニッツアはブダペスト行きの列車が停車する国境の町です。この町の名はコプリヴァという葉から由来するそうで、その形は日本の大葉に良く似ています。肉料理の付け合わせの他、お菓子に練りこみ風味付けとしても使われています。
 ザグレブに戻る日の朝、エリザベータさんとゴルダナさんがコプリヴニッツアの町を案内して下さいました。
 お菓子や織物の店、ナイーヴアート作家の絵が並ぶ公園を観光した後、ミーヨ・コヴァチッチの絵画展を鑑賞しました。コヴァチッチはラツコヴィッチと同世代の画家では唯一現役です。
 列車の待ち時間を利用してのミニ観光でしたが、お二人のおかげで旅の思い出がまた一つ増えました。

コヴァチッチ展に会場で
0817432018クロアチアの旅.jpg

コプリヴニッツアで
2018夏クロアチアの旅ブログ08182.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:36| クロアチア便り