2015年08月19日

茅ヶ崎の思い出3  クロアチア国旗

 クロアチアの国旗はCREATIV・SPACE.HAYASHIの真っ白な入り口の壁にとてもよく似合いました。
 25年前、イエラチッチ広場〈当時は共和国広場)で買った国旗は、帰国後もいつも我が家と共にありました。日本でもすっかりお馴染みの赤白の市松模様はシャホーヴニッツァと呼ばれ、中世クロアチアで使われていたものです。旧市街の博物館を訪ねると、その頃の戦いの様子を表した絵画を見ることができます。
 茅ヶ崎展開催中は「国旗を見て思わずドアを開けました。」という方が多くいらっしゃったので、改めてシャホーヴニッツァの上の5つの紋章についておさらいをしてみました。
 5つの歴史的地域を表している紋章は左からクロアチア、ドブロヴニク、ダルマチア(アドリア)、イストラ、スラヴォニアです。
 クロアチアを旅するとこの色鮮やかな国旗がはためいている光景を度々目にします。5月1日のメーデー、6月25日の国家の日などの祝日ですが、その日はスーパーや商店が休みになったり開店時間が短くなったりするので気を付けなければなりません。

IMG_3145s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 19:57| クロアチア