2016年07月28日

久しぶりの荻窪散歩

 荻窪は、ラツコヴィッチ・アート・ジャパンと深いかかわりのある街です。
 ラツコヴィッチ展の候補地として、友人と共にこの地を訪れたのは2001年の秋のことでした。庶民的でおしゃれな街並みは私の心を惹きつけました。
 翌年の春に東京での初めての展覧会が実現し、10日間の展示期間中にはたくさんの来場者をお迎えすることができました。
 先週末、久しぶりに荻窪駅周辺を歩いてみました。理髪店・古本屋・カフェなどが並ぶ商店街はとても賑わっていて、懐かしい日本の原風景のようでした。

古本屋さんで見つけた2冊
IMG_3895s.jpg

無農薬野菜のお店で購入した水なすとご近所の畑で収穫された琉球かぼちゃ
IMG_3897s.jpg

IMG_3899s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:43| 日記