2016年08月05日

マスケンバル(Maskennbal)

 クロアチアでは2月が近づくと、子供たちは「今年のマスケンバルはどんなものに変装にしようか」と、家族と相談してアイデアを練ります。私の息子は1年目には伊達政宗の衣装で、またある年はチャップリンに扮して参加しました。正宗の衣装は当時ザグレブに滞在していたおばあちゃんの手作り(すべて紙)で、とても評判が良かったです。
 祭り当日の夕方、子供たちは連れ立ってご近所を回りお菓子をもらいます。また、お母さんたちはこの日のためにジャム入りのドーナツ(krafna)をどっさり用意して子供たちの訪問を待ちます。スラスチチャルニッツァ(甘味処)に行くと1年中このドーナツを買うことができますが、手作りの味は格別です。いつか私も作ってみたいと思います。

IMG_4009s.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:16| クロアチア便り