2016年08月12日

ベルク展に寄せて

 1950年代半ばより、ラツコヴィッチは生まれ故郷バティンスカ村の風景や人々を、慈しむようにひたすら描いています。
 1960年代の作品では、表現方法が簡略化または様式化され、背景を画面奥に小さく描くことで主題を際立たせるなど、構図にも変化が見られます。仮面をかぶった人物を描くようになったのはこの時期で、その表情や動きから祭りの楽しさや村人の喜びが伝わってきます。
 10年後に発表された「黄道12星座」では、仮装した人物の表情や動きはドラマティックで自由奔放です。舌を出しておどけている「おうし座」、涙を流している「かに座」、肩を組む「ふたご座」など、どれもユニークです。
 見るたびに新たな発見があるのもこの作品の魅力です。

zodijak12.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より おうし座
zodijak10.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より かに座
zodijak09.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より ふたご座


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:06| クロアチア便り