2018年02月06日

節分inクロアチア

 ザグレブ滞在中は地元ならではのイベントを楽しんだ我が家ですが、同時に季節ごとの日本の行事も展開させていました。これには息子たちも進んで参加。また、ラツコヴィッチ氏の親友で、私のクロアチア語の恩師でもあったハンズロフスキー氏も興味深々とばかりに、取材用の手帳持参で我が家を訪問してくれました。
 節分が近づくとザグレブ市内のオーガニックの店で大豆を購入し、念入りに煎って掛け声と共にまきました。
 昔、母が煎ってくれた豆の味を思い出して少しホームシックになったのを覚えています。

写真は紙袋で作った鬼のお面
120180205柏の冬.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:26| クロアチア