2018年02月18日

雪のように白いチーズ

 ザグレブのドーラッツ市場では、カイマック(セルビヤ語)という真っ白なチーズが売られているスペースがあります。
 朝、農家のお母さんたちは自慢の手作りチーズを持ち寄りお客さんを待ちます。大きさと形は日本のうどんのどんぶりをひっくり返したような感じで、触感は豆腐に似ています。
 このチーズは生食の他、卵と塩を加えて小麦粉の生地で包んで焼くと、クロアチアの国民的おやつシュトゥルードゥルになります。クロアチアでは、朝食のメニューに生クリームのかかったカイマックを用意してくれるホテルもあります。
 先週、久しぶりにカッテージチーズ(カイマック)を作りました。温めたミルク3カップにつき大さじ3の酢を加えるだけで出来るのでおすすめです。我が家ではサラダのトッピングの他、細かく切った茹で卵を混ぜてデイップにしたり、チーズケーキにしたりします。

柏の冬201802181.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:11| クロアチアの食