2019年09月14日

クロアチアの記憶「現地校に通う息子」

 ラーデ・コンチャル小学校には1年生から8年生までが学んでいます。息子は1年生に転入しお二人の担任の先生と出会いました。国語担当の先生と算数担当の先生です。
 初めて登校した日、夫が迎えに行くと息子はグラウンドでクラスメイトとバスケットボールをして遊んでいたそうです。
 帰宅後、息子は初めて覚えたクロアチア語を私に教えてくれました。
それは「ロプタ・lopta」ボールです。
 10月に入ると早朝のザグレブには霧が立ち込めるようになり、その中を歩いて登校する息子をベランダから見送るのが日課となりました。

12019クロアチアの記憶.jpg
アパートの大家さんの息子さんと一緒に子供部屋で

22019クロアチアの記憶.jpg
通学カバンを手にする長男




posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:28| クロアチア