2019年09月22日

クロアチアの記憶「ホットワイン」

 ホットワインといえば、ユーゴ内戦の最中陸路でザグレブに戻る途中で立ち寄ったウイーンで飲んだのを思い出しますが、留学中にラツコヴィッチ氏が作ってくれた甘くて温かいホットワインは格別でした。
 普段お酒を全く口にしないラツコヴィッチ氏でしたが、事前に材料を用意し「今日は美味しい飲み物をご馳走するよ。」と言って台所で何やらコトコトと温めてくれているのを、ワクワクしながら待っていたのを覚えています。
 香り豊かで素朴なあの味を、今年こそ再現してみようと思います。

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:43| クロアチア