2019年09月30日

クロアチアの記憶「語学コース3」

 毎日100余りの新出単語を調べ「テープの内容は授業の前に暗記する」というノルマと
格闘しながら、やっと初級をクリアした頃には、何とか電話の相手が言うことが聞き取れる
ようになりました。
 覚えたての言葉を駆使してラツコヴィッチ氏のアトリエに電話をしたのは、ちょうど
その頃でした。

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:57| クロアチア