2018年07月31日

クロアチアの旅2018 <1>

 首都ザグレブのドーラッツ市場はベスト3に入る人気観光スポットです。
 ここは留学時代、食材を求めて通った懐かしい場所ですが、買い出しの度に私が足しげく通ったのは手作りの刺繍作品を売る店でした。
 顔なじみの女性は今も当時と同じところで店を構え、遠い日本から来た旅人を暖かく迎えてくれました。
 まず目を引いたのは、ある年号と短い文が縫い込められた作品でした。店主のお母さんが作ったというこの作品には「1948 この花は枯れない。」と刺繍されていました。
 1948年は旧ユーゴスラビアが戦後独自の道を進み始めた年です。
 慎ましく暮らす農家の主婦の強い意思が、美しい色彩と共に伝わってくるような気がします。

201807301ブログ.jpg

201807302ブログ.jpg

201807303ブログ.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 11:04| クロアチア便り

2018年07月21日

サッカーワールドカップ

 クロアチアが準優勝という歴史的快挙を成し遂げてから5日が経ちました。
 凱旋パレードでは多くのファンが空港やイエラチッチ広場周辺で出迎え、その数何と50万人。そして、選手たちを乗せたバスは、約6時間かけてザグレブ市の中心イエラチッチ広場に到着しました。
 モスクワでの表彰式には、フランス大会で得点王に輝いたシューケルの姿があり、2002年の日韓大会を思い出しました。当時息子と共に通訳ボランテイアに参加した私は、キャンプ地の新潟県十日町市でシューケルと会話をする幸運に恵まれました。

120180720柏の夏0.jpg
シューケルとのツーショット

120180720柏の夏.jpg
報道陣とのパーティーに参加した息子

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 18:03| クロアチア便り

2018年07月15日

サッカー・ワールドカップ クロアチア決勝進出

 ロシア大会・準決勝においてクロアチアは歴史的勝利を成し遂げました。
 振り返ればフランス大会、ドイツ大会では予選リーグで日本と同じグループになりクロアチアは注目を浴びていました。
 今回のヨーロッパ予選ではプレーオフに回り、ギリシャに勝って出場権を得たクロアチアですので、ここまでくると予想した人は少ないと思います。
 今年の6月末から7月初めにかけて、私は友人と共にクロアチアを旅していました。ザグレブ空港に降り立った時、まさにアルゼンチン戦の後半真っ最中でしたので、ホテルまでのタクシーの中で観戦しました。
 更に決勝リーグ初戦のデンマーク戦を、ザグレブ市民に混じってイエラッチッチ広場の特設会場で観戦するという幸運に恵まれました。
 今夜の決勝は選手たちの力を信じて応援。 

image2.jpeg

IMG_1589s.jpg

2018夏クロアチアの旅51g.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:00| クロアチア便り

2017年05月08日

村の結婚式

 第3回茅ヶ崎展まで3週間余りとなりました。
 ラツコヴィッチは故郷・バティンスカ村の結婚式を数多く描いていますが、晩年の小さな作品を今回初めて展示します。はにかむような新郎新婦の表情が、若き日のラツコヴィッチ夫妻と重なります。

1705042.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 11:41| クロアチア便り

2017年05月06日

THE FLOWER POT MEN のライブに参加して

 昨日、茅ケ崎・CREATIV SPACE HAYASHI 主催の「THE FLOWER POT MEN 」のライブに参加してきました。青空の下、新緑がまぶしい林さんの庭にリズミカルな演奏と軽やかな歌声が響きわたりました。
 メンバー3人の出身地はそれぞれアメリカ、アイルランド、ウエールズで、現在は日本在住とのこと。
 フレンドリーな雰囲気とハイセンスな演奏に包まれ至福の時を過ごしました。

1705051.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:34| クロアチア便り

2016年12月08日

申から酉へ

 来年の干支は酉なので、ラツコヴィッチ・アート・ジャパンにとっては縁起の良い年になりそうです。
 昨日、猫のアリスを保護しておられた染谷さんを訪ねました。
 染谷さんは柏駅近くで郷土玩具のお店を経営しておられます。
 そこで見つけた酉の玩具が可愛かったので早速求めました。
 お店には沖縄伝統の素敵な玩具もあったので、紹介いたします。

IMG_3027s.jpg
ラツコヴィッチ作品
1612072柏の冬.jpg
沖縄に伝わる郷土玩具(闘鶏)
1612071柏の冬.jpg
沖縄に伝わる郷土玩具

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:45| クロアチア便り

2016年08月12日

ベルク展に寄せて

 1950年代半ばより、ラツコヴィッチは生まれ故郷バティンスカ村の風景や人々を、慈しむようにひたすら描いています。
 1960年代の作品では、表現方法が簡略化または様式化され、背景を画面奥に小さく描くことで主題を際立たせるなど、構図にも変化が見られます。仮面をかぶった人物を描くようになったのはこの時期で、その表情や動きから祭りの楽しさや村人の喜びが伝わってきます。
 10年後に発表された「黄道12星座」では、仮装した人物の表情や動きはドラマティックで自由奔放です。舌を出しておどけている「おうし座」、涙を流している「かに座」、肩を組む「ふたご座」など、どれもユニークです。
 見るたびに新たな発見があるのもこの作品の魅力です。

zodijak12.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より おうし座
zodijak10.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より かに座
zodijak09.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より ふたご座


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:06| クロアチア便り

2016年08月05日

マスケンバル(Maskennbal)

 クロアチアでは2月が近づくと、子供たちは「今年のマスケンバルはどんなものに変装にしようか」と、家族と相談してアイデアを練ります。私の息子は1年目には伊達政宗の衣装で、またある年はチャップリンに扮して参加しました。正宗の衣装は当時ザグレブに滞在していたおばあちゃんの手作り(すべて紙)で、とても評判が良かったです。
 祭り当日の夕方、子供たちは連れ立ってご近所を回りお菓子をもらいます。また、お母さんたちはこの日のためにジャム入りのドーナツ(krafna)をどっさり用意して子供たちの訪問を待ちます。スラスチチャルニッツァ(甘味処)に行くと1年中このドーナツを買うことができますが、手作りの味は格別です。いつか私も作ってみたいと思います。

IMG_4009s.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:16| クロアチア便り

2015年04月24日

新しい出会い

 早いもので、4月も残りわずかとなりました。
 昨年の今頃は柏市民ギャラリーでの展示のため、作品チェックや額装の手配に追われていました。
 柏展はゴールデンウイーク中の開催で、また天候にも恵まれ4日間で700人を超す来場者がありました。新聞やポスターを見て立ち寄ってくれた市民の方々、函館をはじめ遠くから駆けつけて下さったファンの皆様に改めて感謝したいと思います。
 柏展をきっかけにして新しい出会いもありました。八千代市のピアニスト高橋若菜さんもそのお一人です。
 また、茅ヶ崎の「クリエイティブスペース ハヤシ」の林さんとは長岡出身の佐藤さんの紹介でご縁ができ、今年夏の茅ケ崎展開催が決まりました。
 ラツコヴィッチ作品を通して始まる新たな出会いに胸躍る思いです。
 
IMG_2534s.jpg

IMG_2531s.jpg
クリエイティブスペース ハヤシ

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:23| クロアチア便り

2014年09月07日

勝利と感謝の日 8月5日

 5日は祝日「勝利と感謝の日」です。クロアチアの独立のために勇敢に戦い、犠牲となった若者達に感謝の祈りをささげる日です。
 ザグレブ市内の店はほとんど閉まっていたので、最終日にスーパーマーケットで買い物をするという計画は、残念ながら次回に持ち越しとなりました。
 夜の8時半にラツコヴィッチ家をおいとまし、ドラッツ市場の近くにあるレストランに行きました。最後にどうしても本場のチェヴァプッチッチを食べたかったからです。
 ここは最近日本のテレビでも紹介されたとてもリーズナブルなレストランで、日中テラス席はいつも大勢の人で賑わっています。夜の9時近くでも3・4組のカップルの姿がありました。
 サイズ大のチェヴァプチッチをテイクアウトにしてもらいました。玉ねぎもたっぷり付いて30クーナ(580円)でした。
 ホテルに戻るころには9時を廻っていましたが、旅が無事終了したことに感謝し3人で乾杯しました。

2014クロアチアの旅 234s.jpg
本場のチェヴァプチッチ

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:35| クロアチア便り