2014年04月07日

ラツコヴィッチ展のポスター完成!

 ゴールデンウィーク(5月3日〜5月6日)に柏市民ギャラリーで開催される「素朴画家ラツコヴィッチが愛したクロアチアの風景と色彩」のポスター(渡部典さんデザイン)が完成しました。
 今、柏駅前二番街のいしど画材に飾ってあります。今回額装を担当してくれた女性から「インパクトのあるポスターですね、必ず見に行きます。」という嬉しい言葉をいただきました。

0320.jpg

展示作品 061s.jpg
いしど画材さん店内のポスター

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:32| ラツコヴィッチ作品

2013年11月28日

次回のラツコヴィッチ展は柏市民ギャラリーに決定!

 本日、平成26年度の「柏市民ギャラリー」抽選会が行われ、会場の中央公民館には58の団体が駆けつけました。厳正な抽選の結果ラツコヴィッチ・アート・ジャパンは21番目に「展示の日程を決める権利」を獲得し、ゴーデンウイークの5月3日〜6日の枠を取ることができました。
 地元柏での開催は初となりますので、未公開の作品を加え柏市民の方々はもちろんのことラツコヴィッチファンの皆さんにも喜んでいただける企画を考えていきます。

柏の日々2 031b.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:13| ラツコヴィッチ作品

2013年11月27日

「わがまま歩き」最新版

 本日「わがまま歩き最新版2014年」が実業之日本社から届きました。早速「ナイーブアートの巨匠たち」のページを開きました。この特集が多くの読者の目にとまり、ザグレブの旧市街にあるナイーヴアート美術館に足を運んでくれることを願っています。
 さらにページをめくると「ザグレブのおすすめのレストラン」にビール工場直営の「ケー・ピヴォヴァリ」が仲間入りしていました。夏は涼しい木陰の野外テーブルで、これからの季節は落ち着いた雰囲気の屋内で、ビール酵母を使った肉料理やスペシャルケーキをクロアチアファンの皆さんに楽しんでもらいたいと思います。

柏の日々2 029.jpg

柏の日々2 030.jpg
posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:14| ラツコヴィッチ作品

2013年10月26日

世田谷美術館にて

世田谷美術館で開催中の「アンリ・ルソーから始まる素朴派とアウトサイダーズの世界」展に行ってまいりました。10のセクションからなる企画はとても見ごたえがあり、創作表現の原点に迫る作品が数多く展示されていました。
 ラツコヴィッチ作品は5つ目の「才能を見出されて―旧ユーゴスラヴィアの画家」というセクションの中で、3点見ることが出来ました。朝日新聞の美術欄に掲載された「散在する村落」の前に立った時、この作品との出会いを20年以上待ったのだな、と感慨深いものがありました。世田谷美術館は、ラツコヴィッチ氏にとって思い出深い場所であり心の拠りどころでもありました。ザグレブ郊外のアトリエで、日本でのエピソードを熱く語っていた時の氏の表情や声を思い出し、世田谷美術館の明るく広々とした展示室で作品を鑑賞できる喜びをかみしめました。

岩手の旅 008.jpg

岩手の旅 006.jpg

asahi-2013-10-16-TYO-E-V99-P99-9-9.jpg
「散在する村落」(10月17日朝日新聞より)
朝日新聞digital版でも記事の一部を見ることができます。
http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201310160437.html

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 21:59| ラツコヴィッチ作品

2013年10月06日

ラツコヴィッチ作品に会えるお店

 京成立石駅から歩いて5・6分のところの静かな住宅街にそのお店はあります。名前は「やまもと珈琲」。
カウンターやテーブル・椅子は全て木製で、穏やかな色彩の柿渋が施されていました。私は海老のタルタルサンド、友人は生ハムとドライトマトのオープンサンドを注文しました。キッチンの奥で静かに響く調理の音が心地よく、店内に掛かる絵やおしゃれなカップも素敵でした。 
 珈琲カップの棚に寄り添うようにラルコヴィッチ作の「四季」が掛かっています。忘れな草の青、麦の収穫の赤、木々の囲まれた村のモスグリーンと茶色、静寂と温もりを感じさせる雪の白、それぞれの色彩と共に小鳥たちのさえずりや梢を揺らす風を感じます。
 プレートに盛り付けられたサンドイッチと野菜のソテー、豆のサラダの材料は全てオーガニックです。目にも体にも優しいお料理と天然酵母パンの深い味わいを満喫しました。
この次はラツコヴィッチが描いた「パンを焼く女性達の絵」を携えてお店におじゃましたいと思います。

柏の日々 012.jpg
コーヒーカップの棚とラツコヴィッチ作の「四季」

柏の日々 011.jpg
カウンターの向こうでコーヒーを入れている奥さん

柏の日々 013.jpg
海老のタルタルサンドと野菜のソテー、豆のサラダ

柏の日々 015.jpg
手作りのいちじくとチョコのケーキ・りんごのコンポート添え

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:29| ラツコヴィッチ作品