2015年02月05日

ロシア料理を楽しむ

 35年前に彫ったマトリョーシカの版画を刷ってみました。モデルは新婚旅行の時
にプレゼントされたものです。当時でも珍しい手作りで、頭の形が独特で中の人形の
数も少なかったです。
 今日は、ロシア語を趣味で勉強しているという夫のためにロシア料理「ペリメニ」
を作りました。皮作りは私で丸めるのは夫が担当しました。
 「6年後のオリンピックを見据えて勉強しているの。」という質問に「あくまでも
趣味。」という答えが返ってきました。

IMG_2771s.jpg

IMG_2759s.jpg

IMG_2761s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:06| 日記

2015年01月30日

リリーの初雪

 今朝、柏は予報通り雪が降りました。
 外を眺めるのが日課のリリーは、興味津々といった風にじっくり見ています。
 新潟県津南町の積雪は現在2メートル45センチだそうです。長野県境にある上郷小学校は深い雪に覆われていることでしょう。懸命に学校への坂道を上る子ども達に思いを馳せました。

DSC01198.JPG
津南の雪景色

雪と 005s.jpg
庭を眺めるリリー

雪と 012s.jpg
丸々太ったリリー
posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:02| 日記

2015年01月19日

二十日正月

 明日は二十日正月です。 
 塩引き(村上名産の鮭)、のっぺ汁など、我が家の食卓には大晦日と同じく新潟流のご馳走が並びました。明日は具だくさんのお雑煮を食べます。このように何度も正月を祝う風習は、私の故郷・熊谷では経験したことがないので、うきうきして準備していると、「何のことはない美味しい酒が飲みたいだけさ。」と夫。
 今年は茅ヶ崎の「CREATIVE SPACE HAYASHI 」で展示をする予定です。昨年の柏展をきっかけに頂いたご縁に感謝し、オーナーの林さんと共により良い展示を目指します。
 いよいよ、2015年のラツコヴィッチ・アート・ジャパンが始動します。今年も宜しくお願いします。

二十日正月 024s.jpg

二十日正月 001s.jpg

二十日正月 013s.jpg

二十日正月 018s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 21:23| 日記

2014年12月05日

北国から届いたりんごの便り

北海道七飯町の奥村みのる園からみずみずしいりんごが届きました。
 2月の枝拾い・5月の花摘み・太陽の光がまんべんなく届くようにと若い実を回す秋の作業を経て、今年も立派に育ちました。モーツァルトを聴きながら大きくなったりんごの味は格別です。皮ごと食べて、この冬も元気に過ごせそうです。

リリーの秋 045s.jpg

リリーの秋 046s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:21| 日記

2014年10月29日

深まる秋

早いもので今月も残りわずか。
 朝、はなみずきの落ち葉を踏みしめながら新聞を取りに行くのが日課となり、お隣の庭の「もっこく」の梢にやってくるめじろなどの野鳥にも秋の深まりを感じます。目を凝らすとかまきりの巣もありました。
 柿の収穫も終わりに近づき、今日は夫が三脚を使って高い枝の実を獲りました。熟しすぎた実や竿で支えきれず落ちてしまったものはジャムにしています。
 柿の紅葉の美しさは津南で満喫しましたが、柏の柿も負けていません。その色合いを描くのは難しいですが、久しぶりにチャレンジしてみました。
 
柏の秋2014 031s.jpg

柏の秋2014 088s.jpg

柏の秋2014 087s.jpg
写真は、柿ジャムのパウンドケーキです。

柏の秋2014 014s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:17| 日記

花のスケッチ

 先週「いしど画材」でアキーラという絵の具を購入しました。この絵の具は従来のアクリル絵の具の使い易さに加えてガラスへの定着度が増したそうです。
 早速、アキーラを使って原村のトルコききょうを描いてみました。色彩の美しさはもちろんのこと、茎の流れるような線や蕾の初々しさも魅力です。
 いつかガラスにも描けたら幸せです。

柏の秋2014 083s.jpg

柏の秋2014 084s.jpg

柏の秋2014 081s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:15| 日記

2014年10月17日

信州からの贈り物

 長野県原村のミヤサカファームから花束が届きました。ピンク、クリーム、オパールグリーン、白、うすむらさき、これ程優雅なトルコききょうを初めて見ました。
 花を育てた方の思いと、プレゼントして下さった方の優しさが私たち家族を包み込んでくれています。

柏の秋2014 058m.jpg

柏の秋2014 036s.jpg

柏の秋2014 037s.jpg

宮坂ファーム
http://www.lcv.ne.jp/~myfarm/

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:40| 日記

2014年10月15日

紅葉の秋

 我が家のはなみずきの紅葉が見ごろを迎えました。
 昨年実らなかった赤い実も、今年は花を添えています。
 2階の寝室兼アトリエからの眺めはリリーのお気に入りです。

柏の秋2014 019s.jpg

柏の秋2014 008s.jpg

柏の秋2014 022s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:36| 日記

2014年10月11日

柿の収穫

 ご近所のKさん宅の柿が食べ頃になったので、収穫のお手伝いをしました。高いところの枝を切り、実を落とさずに収穫できる優れものの竿のおかげで、初めての私でも上手くできました。
 柿の色はもちろんですが紅葉した葉の色合いは実に美しいです。
 猫のリリーも、秋の香りを味わっていました。

柏の秋2014 007s.jpg

柏の秋2014 006s.jpg

柏の秋2014 004s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:23| 日記

2014年06月09日

水音が響く町(津南を旅して思うこと)

 津南は豪雪の町。5月になっても雪が残っていて、桜と雪景色同時に楽しむことのできるのは大きな魅力です。
 田畑に積もった雪はゆっくりと地面に吸い込まれ地下水や湧き水となって再び山や田畑を潤します。
 田んぼに流れ込む水も、山肌に一筋の滝となって落ちる水もやがて信濃川に流れ込みます。
 1日目の宿、「しなの荘」からは渦を巻き水しぶきをあげて流れる信濃川、2日目の宿「雪国」からは滔滔と流れる信濃川を見ることができました。
 カエルの声は川の流れに溶け込み、満天の星空に響き渡りました。

津南の旅 032s.jpg

津南の旅 013s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:46| 日記