2018年04月03日

懐かしいカレンダー

 ラツコヴィッチ氏の資料の中から古いカレンダーを見つけました。
 絵の右側には1991の文字、左側には「明けましておめでとう」という文字があります。また、月の名前の下にはそれぞれの日にまつわる名前が記されています。
 4月2日はFranjo。あのトゥージュマン大統領の名前です。

20180402柏の春1.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 00:14| ラツコヴィッチ作品

2018年04月01日

4月がスタート

 4月は、クロアチア語では「Travanj」です。正直を申しますと、私は「月」の呼び方を覚えきれていません。ですから今年度はしっかり暗記し使いこなすことを目標にしたいと思います。
 現地では「4月」という風に数字で言うこともありますが、30年前(旧ユーゴ時代)のテキストでは英語的な言い方である「Aprilアプリル」も普通に使われていました。
 当時現地校に通っていた息子たちは、クロアチア語本来の呼び方教えてもらったので今だに正しく読み書きできます。
 4月の「Travanj」のtravaは、英語のgrassにあたりますので、若草の頃、草木が芽吹く季節という意味になります。

20180401柏の春1.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:49| クロアチア

2018年03月14日

十二星座ヨルカフェ展・ZODIJAK

ヨルカフェ展は明日12日目を迎えますが、スタッフやお客さんの間で話題になったのが「ZODIJAK」の読み方だそうです。クロアチア語のJはユと発音するのでゾーデイヤックとなります。因みに「Ja 」は私を意味します。
 ザグレブに住み始めて最初に覚えた単語だった気がします。

IMG_0961s.jpg



posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 00:29| ラツコヴィッチ作品

十二星座ヨルカフェ展・クロアチアナイト

 11日の夜、津南町からお客様を迎えてクロアチアナイトを楽しみました。まずは、おすすめメニューの前菜で乾杯をしました。
 マグロのステーキとサルマは、マッシュポテトの相性が抜群で今回も大好評だったようです。

120180311クロアチアナイト.jpg
前菜はマグロの、カルパッチョ、ガーリックトースト、ザワークラフト

20180311クロアチアナイト2.jpg

20180311クロアチアナイト3.jpg

20180311クロアチアナイト4.jpg

20180311クロアチアナイト5.jpg
マグロのステーキはごまがたっぷりまぶしてありました。
posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 00:27| クロアチアの食

2018年03月11日

津南町の冬の夜空を飾るスカイランタン

 津南町在住・山本吉明氏撮影のスカイランタンの写真が届きました。
 6年前から始まったこのイベントは目下人気上昇中で、今年も県内外からたくさんの参加が訪れたそうです。

20180311.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 20:40| クロアチア

2018年03月04日

「黄道十二星座」柏展

 ヨルカフェ・フロッシュにて「黄道十二星座展」がスタートしました。
 「絵が変わったんですね。」「面白い雰囲気の絵ですね」「私の星座はどこかしら。」など、お客さんたちの声を聞き、26日間の新たな出会いが楽しみになってきました。

柏の春ヨルカフェ展201803031.jpg

ZODIJAK 黄道十二星座
2018年3月3日(土)〜28日 (水)12:00〜24:00(会期中無休)
ヨル カフェ・フロッシュ(YOL Cafe Frosch) 柏市柏 2-5-9 ニックハイム柏1F
★クロアチアナイト 
3月11日(日)19:00〜24:00
クロアチアの代表的な料理…サルマ、チェヴァプチッチ、マグロのソテー、シュトゥルークリなどをご用意します。

zodijak2018.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:40| ラツコヴィッチ作品

2018年02月18日

雪のように白いチーズ

 ザグレブのドーラッツ市場では、カイマック(セルビヤ語)という真っ白なチーズが売られているスペースがあります。
 朝、農家のお母さんたちは自慢の手作りチーズを持ち寄りお客さんを待ちます。大きさと形は日本のうどんのどんぶりをひっくり返したような感じで、触感は豆腐に似ています。
 このチーズは生食の他、卵と塩を加えて小麦粉の生地で包んで焼くと、クロアチアの国民的おやつシュトゥルードゥルになります。クロアチアでは、朝食のメニューに生クリームのかかったカイマックを用意してくれるホテルもあります。
 先週、久しぶりにカッテージチーズ(カイマック)を作りました。温めたミルク3カップにつき大さじ3の酢を加えるだけで出来るのでおすすめです。我が家ではサラダのトッピングの他、細かく切った茹で卵を混ぜてデイップにしたり、チーズケーキにしたりします。

柏の冬201802181.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:11| クロアチアの食

津南の雪

 今年の寒波は日本海側の広い範囲で大雪をもたらしていますが、日本有数の豪雪地帯で知られる津南町の積雪は現在町役場で172センチだそうです。
 私が住んでいた頃には3メートルを超えた年もあったので、今年の積雪量では津南町の皆さんは驚かないのだと思います。
 当時のアルバムをめくったところ、2005年とその翌年の写真が出てきました。日付はどちらも1月8日でした。

柏の冬201802171.jpg

柏の冬201802172.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:10| 日記

2018年02月06日

節分inクロアチア

 ザグレブ滞在中は地元ならではのイベントを楽しんだ我が家ですが、同時に季節ごとの日本の行事も展開させていました。これには息子たちも進んで参加。また、ラツコヴィッチ氏の親友で、私のクロアチア語の恩師でもあったハンズロフスキー氏も興味深々とばかりに、取材用の手帳持参で我が家を訪問してくれました。
 節分が近づくとザグレブ市内のオーガニックの店で大豆を購入し、念入りに煎って掛け声と共にまきました。
 昔、母が煎ってくれた豆の味を思い出して少しホームシックになったのを覚えています。

写真は紙袋で作った鬼のお面
120180205柏の冬.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:26| クロアチア

2018年02月04日

サワークリームドーナツ

 クロアチアとハンガリーの国境近くに位置するフレビネ村は、ナイーヴアート発祥の地として知られています。4年前この地を訪ねた折、地元の方から習ったシチューの味は格別で我が家の定番料理になっています。
 このシチューの決め手は仕上げに入れるサワークリームですが、どっさり入れるわけではないので毎回クリームが残ってしまいます。そこで今日は、30年前のレシピを思い出しドーナツに練りこんでみました。生地の塩味に粉砂糖の甘さが丁度良くてやみつきになりそうです。

201802041柏の冬.jpg

柏の冬201802042.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:00| クロアチアの食