2018年08月18日

2018クロアチアの旅7/1 コプリヴニッツア

 コプリヴニッツアはブダペスト行きの列車が停車する国境の町です。この町の名はコプリヴァという葉から由来するそうで、その形は日本の大葉に良く似ています。肉料理の付け合わせの他、お菓子に練りこみ風味付けとしても使われています。
 ザグレブに戻る日の朝、エリザベータさんとゴルダナさんがコプリヴニッツアの町を案内して下さいました。
 お菓子や織物の店、ナイーヴアート作家の絵が並ぶ公園を観光した後、ミーヨ・コヴァチッチの絵画展を鑑賞しました。コヴァチッチはラツコヴィッチと同世代の画家では唯一現役です。
 列車の待ち時間を利用してのミニ観光でしたが、お二人のおかげで旅の思い出がまた一つ増えました。

コヴァチッチ展に会場で
0817432018クロアチアの旅.jpg

コプリヴニッツアで
2018夏クロアチアの旅ブログ08182.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:36| クロアチア便り

2018年08月17日

2018クロアチアの旅6/30・ラツコヴィッチギャラリー

 この日の午後、ポードゥラビーナ観光協会のアレンさんの案内でバテインスカ村を目指しました。
 ラツコヴィッチ記念小学校のあるカリノヴァッツ地区を通り抜け、川に沿って15分ほど進むと「ここよりバティンスカ」の文字が目に入りました。
 小川にかかる木の橋と、遠くに見える林はラツコヴィッチの絵の世界そのものでした。画家が学んだ小学校はギャラリーとなり、日本からやってきた私達を優しく迎えてくれました。
 展示室には、ザグレブのアトリエから運ばれた制作用の小さな机が置かれていました。それは、義母や日本から来た留学生がガラス絵を習った机であり、たった2枚ですが私もガラス絵を描かせて頂いた机でした。

20180629_140038s.jpg

20180629_140015s.jpg

20180629_143337s.jpg

20180629_140247s.jpg

20180629_143804s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:26| クロアチア便り

2018クロアチアの旅6/30・PICOKIJADA(鶏祭り)

 ジュルジェヴァッツの鶏祭りは50周年という節目の年を迎え、ピーコックホテル周辺の各会場は多くの観光客でにぎわっていました。夜の歴史劇に出演する市民が衣装に着替えて歩く姿も見られました。
 お菓子フェステイバルで買ったケーキをホテルのカフェテラスで味わうのも、この祭りならではの楽しみ方のようです。

鶏祭りのパンフレット
2018.jpg

鶏祭りのポスターの前で
2018夏クロアチアの旅40g.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:23| クロアチア便り

2018年08月16日

クロアチアの旅6/30・コテージFarmica

 ジュルジェヴァッツのFarmicaはワイン畑と草原に囲まれたコテージタイプの宿で、鶏祭り会場の旧市街から6キロほどのところにあります。
 かつては船のキャプテンだったという宿のご主人は、100匹の鶏と20匹の猫の他、羊、アヒル、馬、フクロウなどと暮らしています。母屋で頂いた朝食には、トルココーヒーと自家製の「バズガジュース」が提供され農家民宿ならではのサービスだなと感じました。

コテージの入り口
2018夏クロアチアの旅35pg.jpg

宿の人気者・フクロウ
2018夏クロアチアの旅36pg.jpg

馬の世話をするご主人
2018夏クロアチアの旅ブログ08162.jpg

ふわふわの毛でおおわれた鶏 
2018夏クロアチアの旅ブログ08165.jpg

村の朝
081612018夏クロアチアの旅ブログ.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 15:35| クロアチア便り

2018クロアチアの旅6/29・コプリヴニッツアへの鉄道旅

 コプリヴニッツアまでの列車の旅は5年ぶりです。今回は途中のクリジェヴツイでバスに乗り換え、更にブダペスト行きに乗り換えるというちょっと複雑な旅となりました。
 それでも定刻に目的地に到着し、ホームに降り立つとYAMAZAKIの名前の書かれた紙をもった女性が出迎えてくれました。
 コプリヴニッツアに住むゴルダナさんとは初対面ですが、フレビネ村までの30分間で彼女がエリザベータさん(鶏祭りの企画に携わっている女性)の友人であることや卓球の選手だったことなどが分かりました。
 フレビネ村のナイーヴアート美術館の入り口で目に留まったのは、大きな「ナイーヴの卵」です。それは世界でたった1つの木造作品で、他の場所に動かすことはできないそうです。
 館内にはイヴァン・ゲネラリッチはじめフレビネ出身の作家の絵が数多く展示されていてとても見ごたえがありました。

50周年記念展のポスターの前で
2018夏クロアチアの旅ブログ08153.jpg

 
posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:22| クロアチア便り

2018クロアチアの旅6/28・ミマラ美術館

 アンテ・ミマラ氏による寄贈品3750点を収めたミマラ美術館は、中心からトラムで2つ目の国立オペラ劇場に近くにあります。
 クラシック音楽が静かに流れる館内には、ラファエロ、ルーベンス、レンブラントをはじめ著名な画家の作品が並んでいて、手が届きそうな距離でラファエロの作品を鑑賞できたのは貴重な体験でした。
 また、国際色豊かな展示品の中で、特に心惹かれたのはベネチアングラスでした。

2018夏クロアチアの旅30pg.jpg

2018夏クロアチアの旅29.jpg

30年前・語学コースの仲間とミマラの美術館の前で
2018夏クロアチアの旅ブログ08152.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:19| クロアチア便り

2108クロアチアの旅6/28 マティッツアの事務所訪問

 マティッツアは海外在住のクロアチア人のための月刊誌です。
 1992年に帰国して以来、ずっとこの雑誌が我が家に届いているのはハンズロフスキー氏のおかげです。ラツコヴィッチ氏の親友・ハンズロフスキー氏は、私が日本にいてもクロアチア語を忘れないよう手配してくれたのだと思います。
 事務所はザグレブ中央駅から地下道をくぐり徒歩5・6分のところにあります。幸運なことに、民俗衣装が展示されていたのでじっくり鑑賞してきました。

081512018夏クロアチアの旅ブログ.jpg

2018夏クロアチアの旅26pg.jpg

2018夏クロアチアの旅ブログ08132.jpg

2018夏クロアチアの旅27pg.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:15| クロアチア便り

2018年08月14日

2018クロアチアの旅6/26・ルネサンス時代の建物

 ロヴィニの町に酔いしれた2泊3日の旅は、ルネサンスの香りに包まれる旅でもありました。
 私達が滞在したカーサ・ガルゾットは500年前の石造りの建物で、最上階の部屋の窓から見える街並みは絵画から抜け出したかように美しかったです。
 朝食を摂ったレストランの入り口にはロヴィニに、初めて店を構えた人の名前が掲げられていました。出発の朝、見上げた青い空と足元の石畳を写真に収めました。

2018夏クロアチアの旅16jpg.jpg

2018夏クロアチアの旅19pg.jpg

2018夏クロアチアの旅20pg.jpg

2018夏クロアチアの旅21pg.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:27| クロアチア便り

2018年08月13日

2018クロアチアの旅6/25・夕焼けクルーズ

 午後7時、念願のクルーズ船に乗り込みました。船が旧市街に沿って進むにつれて、絵のように美しい港町の姿が見えてきました。
 夕焼けポイントに近づいた頃、お客さんたちが一斉にスマホを取り出し、はるか遠くの景色に向けて構えました。カメラの先には何とイルカの群れ。生まれて初めて見る光景に私はすっかり夢中になりました。
 イルカの撮影は成功しませんでしたが、絵葉書に迫る夕焼けの写真を撮ることが出来たような気がしました。

2018夏クロアチアの旅14.jpg

2018夏クロアチアの旅15jpg.jpg

2018夏クロアチアの旅ぶろぐ5.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:52| クロアチア便り

2018クロアチアの旅6/25・聖エウフェミヤ教会

 ロヴィニ2日目の朝、旧市街の丘の上に建つ聖エウフェミヤ教会を訪ねました。
 イストラ半島で最も高い鐘楼、美しいステンドグラス、この教会の名の由来になったエウフェミヤ殉教を描いた絵画などに魅了されました。

モダンなデザインのステンドグラス
102018夏クロアチアの旅.jpg

エウフェミヤの棺
2018夏クロアチアの旅12.jpg

教会内
2018夏クロアチアの旅11.jpg

丘の上から見えるアドリア海
2018夏クロアチアの旅13.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:50| クロアチア便り