2016年09月22日

「ベルク展」いよいよあと10日

 今月の1日から始まった新宿ベルク展も、残すところあと10日となりました。
 週末ごとに、北海道や新潟・埼玉からファンの皆様をお迎えし、「ラツコヴィッチ黄道12星座」と共にベルクの味を堪能しています。
 禁煙席では、天空を舞う「みずがめ座・うお座」そして星座の輪が迎えてくれます。
 幸せのシンボル「フクロウ」もベルク展の成功をお祝いしてくれているかのようです。
 まだまだ続く出会いに、心弾む思いです。

DSC01181.jpg

DSC01167.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 09:41| ラツコヴィッチ作品

2016年08月12日

ベルク展に寄せて

 1950年代半ばより、ラツコヴィッチは生まれ故郷バティンスカ村の風景や人々を、慈しむようにひたすら描いています。
 1960年代の作品では、表現方法が簡略化または様式化され、背景を画面奥に小さく描くことで主題を際立たせるなど、構図にも変化が見られます。仮面をかぶった人物を描くようになったのはこの時期で、その表情や動きから祭りの楽しさや村人の喜びが伝わってきます。
 10年後に発表された「黄道12星座」では、仮装した人物の表情や動きはドラマティックで自由奔放です。舌を出しておどけている「おうし座」、涙を流している「かに座」、肩を組む「ふたご座」など、どれもユニークです。
 見るたびに新たな発見があるのもこの作品の魅力です。

zodijak12.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より おうし座
zodijak10.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より かに座
zodijak09.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より ふたご座


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:06| クロアチア便り

2016年08月05日

マスケンバル(Maskennbal)

 クロアチアでは2月が近づくと、子供たちは「今年のマスケンバルはどんなものに変装にしようか」と、家族と相談してアイデアを練ります。私の息子は1年目には伊達政宗の衣装で、またある年はチャップリンに扮して参加しました。正宗の衣装は当時ザグレブに滞在していたおばあちゃんの手作り(すべて紙)で、とても評判が良かったです。
 祭り当日の夕方、子供たちは連れ立ってご近所を回りお菓子をもらいます。また、お母さんたちはこの日のためにジャム入りのドーナツ(krafna)をどっさり用意して子供たちの訪問を待ちます。スラスチチャルニッツァ(甘味処)に行くと1年中このドーナツを買うことができますが、手作りの味は格別です。いつか私も作ってみたいと思います。

IMG_4009s.jpg


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:16| クロアチア便り

2016年08月03日

12星座・いて座

 いて座では、馬に注目しました。ラツコヴィッチのガラス絵には赤い馬が度々登場しますが、これほど多くの馬が描かれることはありません。馬の群れが勢いよく跳ね、絡み合うような描写はとても興味深いです。
 ザグレブで初のデッサン展が開かれた折、「鬣を風になびかせる馬の群れ(1976年制作)」が展示されました。親友でジャーナリストのハンズロフスキー氏がこの絵の解説を求めたところ、「好きなように感じ取ってもらえばいい。」と、多くを語りませんでした。
 それ以後メモ帳を携えてアトリエに足しげく通うハンズロフスキー氏の姿がありました。
 この絵がきっかけで、氏の「知られざるラツコヴィッチ」という本が生まれたといってもよいと思います。

zodijak03.jpg
『ZODIJAK−黄道12星座』より いて座

IMG_3922s.jpg
「鬣を風になびかせる馬の群れ」(1976年制作)


posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 00:44| ラツコヴィッチ作品

2016年08月02日

ベルク展に寄せて・12星座

 星座シリーズにはマスクをかぶった人たちが多く描かれています。それはマスケンバルというお祭りを題材にしたと考えられ、1975年のガラス絵「カーニバル」でマスクをかぶった農夫たちが陽気に踊る姿が描かれています。

IMG_3921s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 12:27| ラツコヴィッチ作品

2016年07月30日

第2回新宿ベルク展(9月1日〜9月30日)に寄せて

 今回のテーマは「黄道12星座」で、「MAPA(画集・カタログ)ZODIJAK」をもとにして企画したものです。
 このカタログの表紙から、1976年7月27日〜8月7日までフヴァール島のギャラリーで「星座シリーズ」の個展が開かれたことが分かります。
 後に出版されたいくつかのデッサン集でも紹介されているのですが、印刷が鮮明で保存状態の良い1冊のカタログを目にした時、私はその作品群にくぎ付けになりました。
 ザグレブのラツコヴィッチ氏のアトリエで偶然見つけたそのカタログには、「1977年ザグレブ」の文字がありました。
 「この画集、頂いてもいいですか。」と私が言うと、いつものように 「もちろん。」とラツコヴィッチ氏。さらに続けて、「若い時の仕事だよ。」と、照れくさそうに肩をすぼめた姿を思い出します。

IMG_3918s.jpg

クロアチアのナイーブアート
イワン・ラツコビッチの世界 
〜ZODIJAK 黄道十二星座〜
2016年9月1日(木)〜30日(金)7:00-23:00

新宿ベルク (地図)
http://lackovic-art-japan.info/

laz2016a.jpg

laz2016b.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:50| ラツコヴィッチ作品

2016年07月28日

サマーチェリーはリリーのお気に入り

 6月にミヤサカファームから届いたサマーチェリーが、きれいなドライフラワーになりました。リリーはこの花が最初から気に入っていて、香りを楽しんだり口に含んだり、時には飛びついたりしていました。
 ピンクのグラデーションが美しく、私も癒されています。

IMG_3905s.jpg

IMG_3904s.jpg

ミヤサカファーム

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:46| リリー

久しぶりの荻窪散歩

 荻窪は、ラツコヴィッチ・アート・ジャパンと深いかかわりのある街です。
 ラツコヴィッチ展の候補地として、友人と共にこの地を訪れたのは2001年の秋のことでした。庶民的でおしゃれな街並みは私の心を惹きつけました。
 翌年の春に東京での初めての展覧会が実現し、10日間の展示期間中にはたくさんの来場者をお迎えすることができました。
 先週末、久しぶりに荻窪駅周辺を歩いてみました。理髪店・古本屋・カフェなどが並ぶ商店街はとても賑わっていて、懐かしい日本の原風景のようでした。

古本屋さんで見つけた2冊
IMG_3895s.jpg

無農薬野菜のお店で購入した水なすとご近所の畑で収穫された琉球かぼちゃ
IMG_3897s.jpg

IMG_3899s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:43| 日記

2016年06月19日

第2回・茅ヶ崎展を終えて

春展(5/21〜6/5)では、念願だった「忘れな草」の絵葉書ができました。
ブルーグレーとサーモンピンクが織りなす空の微妙な色合いと、青のグラデーションが美しいこの作品は、案内状を飾りポスターとなって、たくさんの人の心に届いたと思います。
 案内状を職場の机上に飾っている同僚は、秋の「新宿ベルク展」を心待ちにしているそうです。
9月には、新宿ベルクで2回目のラツコヴィッチ展を開催いたします。

P1180260.jpg

P1180294.jpg

P1180336.jpg

P1180339.jpg

P1180282.jpg

SN3V0005.jpg
茅ヶ崎美術館のラツコヴィッチ展ポスター。

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:37| ラツコヴィッチ作品

2016年02月28日

柏の春 フキノトウ

 同じ町内に住む絵本作家のペイアコさんからフキノトウが届きました。何と庭の斜面に顔を出していたのだそうです。毎年この時期になると、津南町の山菜に思いを馳せる私達夫婦にとっては最高のプレゼントでした。ペイアコさんが初めて出版した絵本「わあーい、さいた」に添えてシャッターを切りました。

IMG_3557s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:40| 日記