2015年05月17日

夏の茅ヶ崎展に向けて

 ラツコヴィッチ茅ヶ崎展の打ち合わせのため、16日にギャラリー「CREATIVSPACE HAYASHI」を訪問しました。
 茅ヶ崎駅周辺ではおしゃれなカフェや国際色豊かなレストランが軒を連ね、旅人の心をひきつけていました。サザン通りを進むと、活気のある商店街に混じって昭和の香り漂うエキゾチックな建物が目につきました。
 ギャラリーでは丁度「HOME」展が開催されていて、天井が高く明るいスペースはインドの美しい織物や布製品の他、家具や調理器具などが並び家庭的な雰囲気に包まれていました。
 ギャラリーに隣接して和風建築が建っています。大正12年築のその建物はオーナーである林さんのご実家です。よく手入れされた庭では「ボトルブラシ」が真紅の花を咲かせ、オーストラリア原産の「マヌカ」が満開でした。

IMG_2983s.jpg

P1150218s.jpg

IMG_2538s.jpg

IMG_2540s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:47| 日記

2015年05月10日

母の日

 今日は母の日です。我が家の庭のシャクヤクと都わすれが見ごろを迎えていたので、花束にして母に届けました。母は私達と共にザグレブに住み、60歳を過ぎてからクロアチア語を学びました。さらにラツコヴィッチ氏のアトリエでガラス絵も習いました。
 28年前、私の背中を押してくれたのも4年半にわたる留学生活をずっと応援してくれていたのも母でした。
 クロアチアで家族そろって「母の日」を迎えた日、ラツコヴィッチ氏は私たちにバラの絵をプレゼントしてくれました。

展示作品 006s.jpg

展示作品 007s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 17:17| ラツコヴィッチ作品

2015年04月24日

新しい出会い

 早いもので、4月も残りわずかとなりました。
 昨年の今頃は柏市民ギャラリーでの展示のため、作品チェックや額装の手配に追われていました。
 柏展はゴールデンウイーク中の開催で、また天候にも恵まれ4日間で700人を超す来場者がありました。新聞やポスターを見て立ち寄ってくれた市民の方々、函館をはじめ遠くから駆けつけて下さったファンの皆様に改めて感謝したいと思います。
 柏展をきっかけにして新しい出会いもありました。八千代市のピアニスト高橋若菜さんもそのお一人です。
 また、茅ヶ崎の「クリエイティブスペース ハヤシ」の林さんとは長岡出身の佐藤さんの紹介でご縁ができ、今年夏の茅ケ崎展開催が決まりました。
 ラツコヴィッチ作品を通して始まる新たな出会いに胸躍る思いです。
 
IMG_2534s.jpg

IMG_2531s.jpg
クリエイティブスペース ハヤシ

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 23:23| クロアチア便り

2015年04月06日

高橋若菜さんのピアノコンサート

 5日、高橋若菜さんの「こどものためのコンサート」に行ってきました。会場は八千代台駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅地の中にありました。
 開演1時間前にはラツコヴィッチ作品を飾り終え、リハーサルのピアノの響きに耳を傾けながら本番を待ちました。
 間もなく会場はお客さんでいっぱいになりました。来場者の半分近くが子供たちでした。中には赤ちゃんを連れたお母さんの姿もありました。
 第二部のプログラムの前にスピーチの時間を頂いたので、ラツコヴィッチ作品からあふれでる「春の喜び」、「自然に向けられた作者の想い」について話しました。
 ピアノ曲が醸し出す景色や色彩を、大人も子供も感じ取ることの出来るアットホームなコンサートでした。

IMG_2911s.jpg

IMG_2910s.jpg

005 1s.jpg

007 1s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:19| ラツコヴィッチ作品

2015年04月03日

こどものための音楽会「春編」に参加

 ピアニスト高橋若菜さんのコンサートとラツコヴィッチ作品のコラボが実現することになりました。
 期日は4月5日〈日)で、会場はシャンテ八千代です。
 コンサートのテーマ「春」に合わせて4点を展示します。
 また、スピーチの機会も頂いたので、クロアチアの四季の魅力やラツコヴィッチの故郷ポードゥラヴィナ地方の春の様子なども紹介する予定です。

IMG_2884s.jpg
『四季』より春

展示作品 036s.jpg
チューリップの花束を持つ女性

展示作品 041s.jpg
たんぽぽ

展示作品 042s.jpg
たんぽぽ

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:49| クロアチア

ご近所の桜も満開

 町内の公園の桜が満開になったので、誰もいない公園のベンチでお花見をしました。
 クロアチアから帰国して以来、仕事の関係で長岡と函館そして津南町へと移り住み、そのおかげで趣の違う桜を味わうことができました。
 ことに、五稜郭タワーから見たピンクに染まった星型の桜、津南町の雪と桜のコラボは格別でした。

IMG_2895s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:45| 日記

リリーの誕生日

 4月1日でリリーは1歳になりました。ダイエット中なのでお祝いにおやつをどっさり、というわけにはいかず、お昼ご飯はいつものようにライトの総合栄養食でした。
 午後になってご近所のHさんからお花が届くと、さっそく香りを楽しんでいました。

IMG_2900s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 10:44| リリー

2015年03月09日

国際婦人デー

 今日3月8日は国際婦人デーです。1904年ニューヨークで婦人参政権を求めてデモが行われた日を記念して定められました。
 イタリアでは男性から日頃の感謝を込めて女性にミモザが贈られることから「ミモザの日」と呼ばれているそうです。
 ラツコヴィッチ作品にも花束を抱える農夫の絵があります。このテーマにに取り組み始めたのは1990年頃で個展に駆け付けた日のことを覚えています。
 2001年両親を案内してクロアチアを旅した折、母は「ピンクの花を抱えた農夫」をプレゼントされました。
 婦人デーにはこの作品を眺めながら、ラツコヴィッチ氏との思い出にひたります。

IMG_2855s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:47| ラツコヴィッチ作品

2015年02月28日

果物のジャムを楽しむ

 先日友人のYさんから無農薬のキウイの手作りジャムを頂きました。程よい酸味があり甘さ控えめのキウイジャムはヨーグルトによく合います。
 今日ヨーグルトケーキと一緒に焼いてみました。生クリームを添えて入れたての珈琲とともに。台所の窓から見える木々の葉を眺めていると、クロアチアのカフェにいるような気持ちになりました。
 ザグレブ郊外に住んでいた頃、大家さんが庭で実ったサクランボとともに焼いてくれたケーキの味も思い出しました。
 ボールに材料を入れて混ぜるだけのシンプルなケーキですが、季節感あふれるママの味です。

IMG_2812s.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 16:11| クロアチアの食

2015年02月25日

「音楽をはこぶもの」渡部典さんの個展を訪ねて

 先週末渡部典さんの個展をお訪ねしました。会場は以前ラツコヴィッチ展を行った
「ギャラリーf分の1」です。オーナーのTさんとは10年ぶりの再会でした。。
 会場に一歩足を踏み入れると、音楽とデザインが美しいハーモニーを奏で私を包み
込んでくれました。展示の仕方はとても斬新で観やすく、渡部さんやスタッフの皆さ
んの意気込みが伝わってきました。
 また、CDのデザインがどの様に進められてきたかを紹介するコーナーや、聴きた
い曲を選んで鑑賞できる設備もあり、鑑賞者への心遣いがちりばめられていました。

IMG_2801.jpg

IMG_2800.jpg

posted by ラツコヴィッチ・アート・ジャパン at 22:12| 日記